2011年12月29日木曜日

先日Apple LED Cinema Display 27-inchを入手したのに合わせて、Apple Wireless KeyboardApple Magic Trackpad、さらにApple Battery Chargerを入手!

そのとき新しい物好きなので今までJIS配列だったけどUS配列キーボードにしてそれに合わせて設定を変更したのでその備忘録。

追記: 2013/11/11 (文末)

まずはMacの設定。

  1. 右上の現在の入力状態が表示されてるアイコンで「Kotoeri Preferences」を選択
  2. Operationタブを選択。
  3. 上から2番目の「Caps Lock key function」でWhen up input "Romaji"を選択。

これで難しいこともなく簡単に設定終了。英数字と日本語の切り替えはCaps Lockになる。

次にVMware Fusion上のWindowsの設定。

こちらは結構時間がかかった。(設定自体は時間はすぐ終わるけど、その設定方法が分からなかった。(><))


まず私が時間がかかってしかも上手く行かなかった方法。。

  1. スタート - コントロールパネルのキーボードまたは入力方法の変更を選択。
  2. キーボードと言語タブを選択。
  3. キーボードの変更を選択。
  4. それで入力言語で英語、インターナショナルキーボードを追加。
  5. それを元々あった入力言語が日本語、キーボードMS-IMEとCaps Lockで切り替えられるように、Windowsの切り替えのショートカットをVMware Fusionのショートカット設定でいろいろいじくる。

で完成したものの、MS-IMEのキー配列がJISキーボードの配列になってるみたいで記号等がUSキーボードの刻印と合わずに使いづらくなる。

それでMicrosoftのサポートを検索してたら設定方法を発見!

Windows may not use the correct keyboard layout when you connect a USB keyboard to the computer

Value nameValue typeValue data
LayerDriver JPNREG_SZ kbd106.dll
OverrideKeyboardIdentifierREG_SZ PCAT_106KEY
OverrideKeyboardSubtypeDWORD 2
OverrideKeyboardTypeDWORD 7

上記のサイトのページ下部の詳細を参考にレジストリを設定。(Windows 8ではデスクトップ画面で「Winボタン(command)+ R」で検索が出てくるので、それで「regedit」と検索すればレジストリエディタが起動。)

あとは簡単で以下の順で設定。

  1. 最初に追加した入力言語が英語、インターナショナルキーボードを削除。(以下の図を参照)
  2. Macのことえりと同様にCaps Lockで英数字と日本語を切り替えられるように、VMware FusionのPreferencesを選択。(後で知ったことを追記: これを設定しない場合、Windowsでの切り替えはalt+`(excの下のキー)での切り替えになる。)
  3. Keyboard & Mouseを選択。
  4. Key MapingsでCaps LockにShift-Insert alt+`(上記の追記より)を割り当てる。(以下の図(訂正したので図もちょっと違う))

これでUSキーボードでMac、WindowsとものCaps Lockで英数字と日本語入力がスムーズに切り替えることが出来るように設定完了!

追記: 2013/11/11

Windows 8でもWindows 7の時と同様に、上記の設定でcaps lockによるMicrosoft IMEのオン/オフの切り替えが出来てたのが、Windows 8.1OS X Mavericks - Apple、あるいはVMware Fusion 5にアップデートしてから出来なくなった。ということで、とりあえずは「alt + `」でIMEのオン/オフを切り替えて日本語と英語(アルファベット)の入力しつつ、解決方法を模索中…(Microsoft IMEの詳細設定の全般→編集操作→キー設定→変更で半角/全角をcaps lockに変更しようとしても、ビープ音がなって割り当てられない>< キーの一覧を見ると、USキーボードにも関わらず、日本語キーボードのキー印字のままだから、Microsoft IMEは日本語キーボード(JIS配列)を前提に設計されてて、USキーボードで使うことは想定されてないってことなのかなぁ。)

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: