2015年9月30日水曜日

開発環境

MongoDBイン・アクション (Kyle Banker (著)、Sky株式会社 玉川 竜司 (翻訳)、オライリージャパン)のⅡ部(MongoDB でのアプリケーション開発)、4章(ドキュメント指向データ)、4.3(データベース、ドキュメントと挿入、ドキュメントの基本)、4.3.3(ドキュメントと挿入)、ドキュメントのシリアライズ、型、制約を Python で考えてみる。

コード(Emacs)

#!/usr/bin/env python3
# -*- coding: utf-8 -*-

import bson
import random
import datetime

doc = dict(_id=bson.ObjectId(),
           username='kbanker',
           action_code=random.randrange(5),
           time=datetime.datetime.utcnow(),
           n=1)

bson = bson.BSON.encode(doc)

print('Document {0} takes up {1} bytes as BSON'.format(doc, len(bson)))

入出力結果(Terminal, IPython)

$ ./sample3_3.py
Document {'action_code': 0, 'username': 'kbanker', '_id': ObjectId('560b4484a54d75c8e159f1bc'), 'n': 1, 'time': datetime.datetime(2015, 9, 30, 2, 10, 12, 874291)} takes up 82 bytes as BSON
$

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: