2015年10月1日木曜日

開発環境

計算機プログラムの構造と解釈[第2版](ハロルド エイブルソン (著)、ジュリー サスマン (著)、ジェラルド・ジェイ サスマン (著)、Harold Abelson (原著)、Julie Sussman (原著)、Gerald Jay Sussman (原著)、和田 英一 (翻訳)、翔泳社、原書: Structure and Interpretation of Computer Programs (MIT Electrical Engineering and Computer Science)(SICP))の第3章(標準部品化力、オブジェクトおよび状態)、3.1(代入と局所状態)、3.1.3(代入を取り入れた代価)、問題3.8.を解いてみる。

その他参考書籍

問題3.8.

コード(Emacs)

(begin
  (define print (lambda (x) (display x) (newline)))
  
  (define (make-f)
    (let ((result 1))
      (lambda (n)
        (if (= n 0)
            (set! result 0))
        result)))

  ;; kscheme は手続きの引数(部分式)を左から右に評価する  
  (define f (make-f))
  (print (+ (f 0) (f 1)))
  
  (define f (make-f))
  (print (+ (f 1) (f 0))))

入出力結果(Terminal(kscheme), REPL(Read, Eval, Print, Loop))

$ ./kscheme sample8.scm
0
1
$

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: