2016年1月21日木曜日

学習環境

  • 数式入力ソフト(TeX, MathML): MathType
  • MathML対応ブラウザ: Firefox、Safari
  • MathML非対応ブラウザ(Internet Explorer, Google Chrome...)用JavaScript Library: MathJax

数学読本〈2〉簡単な関数/平面図形と式/指数関数・対数関数/三角関数 (松坂 和夫(著)、岩波書店)の第6章(図形と数式の関係 - 平面図形と式)、6.4(不等式の表す領域)、連立不等式の表す領域、問35.を解いてみる。

問35.

A( 5,0 ) B( 2,4 ) C( 3,1 ) AB:y= 4 3 ( x5 ) BC:y=x+2 CA:y= 1 8 ( x5 ) y< 4 3 ( x5 ) y<x+2 y> 1 8 ( x5 ) 4x+3y20<0 xy+2>0 x8y5<0

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: