2017年1月29日日曜日

学習環境

ラング線形代数学(上)(S.ラング (著)、芹沢 正三 (翻訳)、ちくま学芸文庫)の1章(R^nにおけるベクトル)、1(n 次元空間の点の定義)、練習問題1-7.を取り組んでみる。


  1. A+B=( 1,0 ) AB=( 3,2 ) 3A=( 6,3 ) 2B=( 2,2 )

  2. A+B=( 1,7 ) AB=( 1,1 ) 3A=( 3,9 ) 2B=( 0,8 )

  3. A+B=( 1,0,6 ) AB=( 3,2,4 ) 3A=( 6,3,15 ) 2B=( 2,2,2 )

  4. A+B=( 2,1,1 ) AB=( 0,5,7 ) 3A=( 3,6,9 ) 2B=( 2,6,8 )

  5. A+B=( 3π,0,6 ) AB=( π,6,8 ) 3A=( 3π,9,3 ) 2B=( 4π,6,14 )

  6. A+B=( 15+π,1,3 ) AB=( 15π,5,5 ) 3A=( 45,6,12 ) 2B=( 2π6,2 )

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: