2017年2月14日火曜日

今日読んだ本、高校数学でわかる相対性理論 特殊相対論の完全理解を目指して (竹内 淳 (著)、講談社)の感想。

高校数学を知っていれば、「相対性理論を容易に、なんとなく理解できる」といった類の本ではなく、高校数学をよく使い込んで相対性理論をしっかりと理解できるという本。

なので、数式もいっぱい出てきて、かなり読み応えがあって面白い。(逆に、数式は苦手だけどとりあえずは高校数学知っているし、相対性理論を簡単に理解できるといいなぁ思って読み始めると、途中で行き詰まるかも。)

一つ注意する必要があるのは、本書でわかる相対性理論というのは、特殊相対性理論であり、一般相対性理論までは含まれていないこと。

ということで、高校数学をしっかり理解していれば、その先に本書の相対性理論のような面白い世界を知ることができることがわかり、「高校数学でわかるシリーズ」で他の色々な面白い世界ものぞいて、しっかりと理解してみたくなった今日この頃。

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: