2017年5月30日火曜日

Google 検索を利用して、そのまま翻訳したら結果がどうなるか、あるいはキャッシュのHTMLだとどうなるかを確認してみた。

検索結果。

1番目の場合。

そのまま。

翻訳。

キャッシュ。

そのままをダウンロードして Preview で範囲選択。

2番目の場合。

そのまま。

翻訳。

キャッシュのリンクは無かった。

そのままをダウンロードして Preview で範囲選択はおそらく Safari と同じ。(Safari で PDF を表示する時、Preview.app を利用してるっぽいから。)

ということで、翻訳については検索結果の「このページを訳す」で直接翻訳すれば、範囲選択が上手くいかなくても問題ないみたい。

また、同じ内容の PDF でもサイトによって構造が違うみたいだから、直接ブラウザ上、あるいは手元にダウンロードして範囲選択したい時は、いくつかのサイトを試して確認してみるといいかも。

いくつかのサイトを試して、それでも上手くいかない場合はキャッシュのあるサイトの HTML 、テキストを表示すれば、思い通りに範囲選択ができる可能性がまだあるかも。

(Safari、Preview.app 等に関係する部分は、Microsoft Edge、IE(Windows 10)、Google Chrome、Firefox 等だとまた違った結果になるのかも(?))

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: