2017年5月8日月曜日

開発環境

Prepack ってすごいなぁと思って、最近書いた Fizz Buzz(?) のコードで試してみた。

コード(Emacs)

JavaScript

let range = (start, end, step=1) => {
    let result = [];
    for (let i = start; i < end; i += step) {
        result.push(i);
    }
    return result;
};

console.log(
    range(1, 106)
        .map((i) => `${i}: ` +
             (i % 15 === 0 ? '🥒' :
              i % 3 === 0 ? 'ピク': 
              i % 5 === 0 ? 'ルス' : ''))
        .join('\n')
);
only plain identifiers are supported in parameter lists
let range = (start, end) => {
    let result = [];
    for (let i = start; i < end; i += 1) {
        result.push(i);
    }
    return result;
};

console.log(
    range(1, 106)
        .map((i) => `${i}: ` +
             (i % 15 === 0 ? '🥒' :
              i % 3 === 0 ? 'ピク': 
              i % 5 === 0 ? 'ルス' : ''))
        .join('\n')
);

ということで、Unicode には対応してるけど、関数のデフォルト引数には対応してなかったり、最新機能の全てに対応してるというわけではないみたい。

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: