2017年6月5日月曜日

開発環境

行列プログラマー(Philip N. Klein (著)、 松田 晃一 (翻訳)、 弓林 司 (翻訳)、 脇本 佑紀 (翻訳)、 中田 洋 (翻訳)、 齋藤 大吾 (翻訳)、オライリージャパン)の4章(行列)、4.1(行列とは何か?)、4.1.1(伝統的な行列)、列のリストのリストによる伝統的な行列の表現、クイズ4.1.2 を JavaScript で取り組んでみる。

クイズ4.1.2

コード(Emacs)

HTML5

<pre id="output0"></pre>

<button id="run0">run</button>
<button id="clear0">clear</button>

<script src="sample2.js"></script>    

JavaScript

let div0 = document.querySelector('#graph0'),
    pre0 = document.querySelector('#output0'),
    btn0 = document.querySelector('#run0'),
    btn1 = document.querySelector('#clear0'),
    p = (x) => pre0.textContent += x + '\n',
    range = (start, end, step=1) => {
        let result = [];

        for (let i = start; i < end; i += step) {
            result.push(i);
        }
        return result;
    };

let output = () => {
    p(
        range(0, 4)
            .map((j) => range(0, 3)
                 .map((i) => i - j)).join('\n')
    );
};

btn0.onclick = output;
btn1.onclick = () => pre0.textContent = '';
output();











 
						

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: