2018年7月13日金曜日

学習環境

解析入門〈4〉(松坂 和夫(著)、岩波書店)の第18章(固有値と2次形式)、18.1(基底変換、行列の固有値)、問題1.を取り組んでみる。


  1. p - 1 = 1 - 4 - 1 - 4 - 1 - 1 1 P - 1 A P = - 1 5 - 4 - 1 - 1 1 1 1 4 - 2 1 1 1 - 4 = - 1 5 - 8 - 2 3 - 3 1 1 1 - 4 = - 1 5 - 10 0 0 15 = 2 0 0 - 3

コード(Emacs)

Python 3

#!/usr/bin/env python3
from sympy import pprint, symbols, Matrix

print('1.')

A = Matrix([[1, 1],
            [4, -2]])
P = Matrix([[1, 1],
            [1, -4]])

for t in [P ** -1, A, P, P ** -1 * A * P]:
    pprint(t)
    print()

入出力結果(Terminal, Jupyter(IPython))

$ ./sample1.py
1.
⎡4/5  1/5 ⎤
⎢         ⎥
⎣1/5  -1/5⎦

⎡1  1 ⎤
⎢     ⎥
⎣4  -2⎦

⎡1  1 ⎤
⎢     ⎥
⎣1  -4⎦

⎡2  0 ⎤
⎢     ⎥
⎣0  -3⎦

$

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: