2015年6月24日水曜日

開発環境

計算機プログラムの構造と解釈[第2版](ハロルド エイブルソン (著)、ジュリー サスマン (著)、ジェラルド・ジェイ サスマン (著)、Harold Abelson (原著)、Julie Sussman (原著)、Gerald Jay Sussman (原著)、和田 英一 (翻訳)、翔泳社、原書: Structure and Interpretation of Computer Programs (MIT Electrical Engineering and Computer Science)(SICP))の2(データによる抽象の構築)、2.4(抽象データの多重表現)、2.4.3(データ主導プログラミングと加法性)、問題2.76.を解いてみる。

その他参考書籍

問題2.76.

新しいデータオブジェクトの型新しい演算
明白な振り分けを持つ汎用演算すべての汎用演算に新しい型の振り分けを追加新しい演算を定義
データ主導流新しい型の追加必要な型の修正、インターフェースの追加
メッセージパッシング流新しい型の追加必要なデータオブジェクトに演算を追加

新しい型が絶えず追加される場合は、データ主導流かメッセージパッシング流が最適。

新しい演算が絶えず追加される場合は、明白な振り分けを持つ汎用演算が最適。

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: